HOME更新情報会社概要事業内容主要製品・商品導入実績資料請求お問い合わせサイトマップリンク集

ピュアドーラの特徴ピュアドーラの優位性防錆・配管保護防・除スケール設置系統参考図雑菌の対策には藻の対策には

磁気式水処理装置『ピュアドーラ』導入物件の効果事例

磁気式水処理装置『ピュアドーラ』は設置後、装置の効果が出ているかを確認する為に調査を行っております。
この章では、磁気式水処理装置『ピュアドーラ』を導入した物件の効果確認の事例をご紹介いたします。

効果確認事例・・・空調系統〜庄内空港ターミナルビル〜

空調用冷温水系

建物概要:地上3階建て 塔屋1階
築年数  :導入時9年経過
配管材質:冷温水管SGP
熱   源:吸収式冷温水発生器 1基
冷却塔  :100RT

導入機種:PD−9400型(125A対応)×2基

庄内空港空調設置系統図


水質検査について

水質検査結果

まず3ヶ月目に鉄分(左下グラフ参照)が設置前よりも上昇しているのが
見てとれる。これはピュアドーラの効果によりマグネタイト化が顕著に起こり
始め、配管内の赤錆が若干剥離・溶出したためである。
また、9ヶ月目に色度(右下グラフ参照)が高いのはまだマグネタイト化していない赤錆が、夏場の気温・水温の上昇により溶出したことによる(赤錆は水温が高いと溶けやすい)。
このようにピュアドーラの効果を数字で示すと上下を繰り返しながら、結果として右肩下がりとなる傾向がある。
最終的に48ヶ月目の検査では、設置前と比べて
鉄分:設置前=4.5→0.1
色度:設置前=100→3.5
と、とても改善されていることがわかる。
これは配管内に良質のマグネタイト防錆被膜が形成された結果である。

目視による色度の変化

向かって左:設置時の水(2001年10月)
中央:設置後3ヶ月目の水(2001年1月)
向かって右:設置後6ヶ月目の水(2001年4月)

水質検査推移グラフ:鉄分 水質検査推移グラフ:色度


X線回折法による同定検査について

X線回折検査結果

(下図参照)設置前は配管内の錆は
FeO(OH)=赤錆だけが検知されている。
6ヶ月目にかなり高い強度を持つFe3O4=黒錆(マグネタイト)へと変わっていることが確認された。
更に48ヶ月目にはマグネタイトのマスターグラフ(右図参照)にも匹敵するほどの良質な黒錆の防錆被膜ができていることが確認された。

マグネタイト(黒錆)のマスターグラフ


X線回折検査結果グラフ:設置前の配管内の錆
X線回折検査結果グラフ:設置後6ヶ月目の配管内の錆
X線回折検査結果グラフ:設置後48ヶ月目の配管内の錆


X線回折法とは・・・
ある物質が何であるか(どんな物質なのか?)を調べるときに用いられる方法の1つです。
鉄やマグネタイトなど全ての物質はいずれも細かい結晶から成っており、それぞれ原子の配列が異なっていますので物質の結晶にX線を照射すると、それぞれの物質に応じて特定の角度に強いX線が散乱されます。『X線回折法』ではこのX線の反射の強度や角度が物質によって全て異なることを利用して、検査試料のX線の反射強度および角度を測定し、既に調べてある物質の回折図データベースとの比較によりその物質を特定することができます。現在ではマグネタイトなどの代表的な物質のデータは計測器に組み込まれており、この方法は極めて容易で測定に高度な技術を必要としない物質分析法として広く利用されています。


設置後のアフターケアも大切にしております。

磁気式水処理装置『ピュアドーラ』は装置の効果が出ているか、追跡調査にて確認をしております。
売ったら売りっぱなしにするのではなく、アフターケアに尽力し、ご信頼にお答えすることでお客様と末永いお付き合いをお願いしたく考えております。
お客様には装置を買っていただくのではなく、”効果”を買っていただきたく思っているからです。




ページTOPへ▲

Copyright DORA.Inc., 2005 All right reserved.
pure@do-ra.co.jp
〒177-0034 東京都練馬区富士見台3-33-28-702
TEL:03-5848-3815 FAX:03-5848-3817
配管の防錆・赤水・スケール対策には磁気式水処理装置ピュアドーラ

HOME更新情報会社概要事業内容主要製品・商品導入実績資料請求お問い合わせサイトマップリンク集